師走の17〜19日に、浅草寺境内で開かれる羽子板市は浅草の風物詩として有名です。
羽子板市の当日には、浅草の綺麗処が観光ピーアルを兼ねて境内周辺を回りました。綺麗処が境内の所々に立ち止まると、周辺に訪れていた観光客も足を止めカメラを押している姿を多く見ることができます。
羽子板市の起源は、古くは「邪気を跳ね返す板」として女の子の成長からを願う風習からきています。
現在のような浅草の羽子板位置は明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」の主要商品として販売されていたのが始めといわれ。
戦後の昭和25年頃には「羽子板市」の名で呼ばれ、歳末の風物詩として定着しました。

ちなみに、羽子板市で売られている押絵羽子板の起源はは、文化・文政年間(1804〜1829)頃からといわれ、江戸末期には歌舞伎の役者絵が画題となり江戸中心に現在に続いています。
羽子板の製作はかつては下谷周辺の下町に多くありましたが、関東大震災や戦災の影響でその多くが埼玉近郊に移転しています